CASE STUDY

ケーススタディ

FARO スクラッチの活用方法を掲載。
機能の組み合わせで様々なキャンペーンに対応可能です。

Tリーグ
2018-2019シーズン
Tリーグファイナル スクラッチキャンペーン

TAG :

導入企業様

一般社団法人Tリーグ

業種

スポーツ

キャンペーン概要

ノジマTリーグ 2018-2019シーズン プレーオフ ファイナル スクラッチ

実施期間

2019年3月17日

課題と効果

課題

長時間の観戦の合間に、観客が会場で楽しめる仕掛けを提供したい

効果

参加時間帯を分けて、来場者が2回参加できるスクラッチくじを実施

課題

来シーズンに向け、来場したファンとの継続的な関係を築きたい

効果

WチャンスとしてTリーグ会員への登録を促し、会員増に貢献

使用した機能の一覧

  • 1.基本機能

  • 2.シークレットコード機能

キャンペーン スキーム

  • 1

    長時間の観戦の合い間に楽しんでもらうため、キャンペーン実施時間を2回設定する設計に(第一次期間:11時00分~16時30分、第二次期間:16時30分~22時00分)。

  • 2

    会場配布のチラシやポスターのQRコードから、キャンペーン実施時間内にキャンペーンページへアクセス。

  • 3

    応募フォームに、氏名、メールアドレスと会場で発表されるキーワードを入力してスクラッチくじに参加。

  • 4

    当選者に賞品送付先の入力フォームを表示し、同時にパスコードを記載したメールを送付。

  • 5

    当選者は入力フォームに、メールに記載されたパスコードと賞品送付先を入力して応募完了。

  • 6

    2019年3月24日までに応募完了とならない場合は当選無効に。

  • 7

    落選者には、当日にTリーグ会員に登録すると応募できる抽選の案内を表示し会員登録を促進。

キャンペーン ポイント

  • 1

    来場者に試合の合間に楽しんでもらえるよう、男子・女子それぞれのファイナル開催中に各1回、計2回チャレンジできる設計に。

  • 2

    ご来場者限定キャンペーンのため、会場で発表されるキーワードを入力しないとスクラッチ画面に進めない仕様に。また、会場で配られるパンフレット内QRコードからも参加可能。

  • 3

    参加完了画面で、Wチャンスとして当日「Tリーグ」会員に登録するとプレゼントが抽選でもらえることを告知。Tリーグ会員の認知拡大と会員数アップに貢献。

  • 4

    当選者に確実に連絡が取れるよう、当選者のメールアドレスにパスコードを記載したメールを送信。パスコードを賞品送付先情報とともに入力して応募完了となるフローに。

関連リンク:

■卓球 Tリーグ(T.LEAGUE)
https://tleague.jp/

■キャンペーン詳細記事URL:
https://bwrite.biz/archives/17178

CAONTACT

お問い合わせ

お気軽にお問合せください。
最短当日で開始可能です!